生まれ持った才能と成功は関係があるのか?

TED(大規模な世界的講演会を主催している非営利団体)で、心理学者のアンジェラ・リー・ダックワース氏の講演で私が非常に共感した研究結果をご紹介します。

彼女は20代の頃、彼女はニューヨーク市内の公立中学1年生に数学を教える教師でした。彼女は他の先生となんら変わりなく、小テストやクイズを作ったり、宿題を出し、提出された答案を元に成績をつけたりしていました。

すると「IQの良し悪しだけが、最も成績の良い生徒と最も成績の悪い生徒との違いではない」とういうことに彼女は気がづいたのです。なぜなら、非常に高い点数を取る生徒の中にはそれほどIQの数値が高くない子どもがいて、逆に、非常にIQ数値が高いにもかかわらず、テストの点数が低い子どもがいたからです。

その事実から、彼女は、「IQの数値に関係なく、時間を十分にかけて一生懸命に勉強をすれば、必ずできるようになる」と考えるようになりました。そして、そのことは数年の教師生活を経て確信に変わり、そして教育において必要なことは、心理学的見地から子供たちを理解すること、そして子どもたちが高い志を持ちながら学べる環境を用意することだ、という一つの結論に至りました。

 

成功の秘訣を探る4つの調査

教育において、知能を図る最適なモノサシの一つがIQです。ですが、もし、学校や人生で成功する秘訣がIQ能力では測れないものにあるとしたら?そのことを深く研究するために、彼女は教育現場を離れ、大学院に行き、心理学者になりました。

彼女の研究チームは、様々な環境において非常に難しい課題に挑戦する大人や子供たちを研究しました。

そこで4つの研究を行いましたが、その研究でも考えていたこと、それは「誰がそこで成功し、そしてそれはなぜか?」ということでした。

<研究1>軍事教育学校に行き、「どの士官候補者が厳しい軍事トレーニングに耐えて生き残り、誰が中途退学していくか」を予測。

<研究2>全国スペリングコンテストでは、「どの子どもが競争で勝ち残るか。」を予測。

<研究3>教育困難な地域で働く新人教師を調査し、「どの教師が1年が終わるまでそ教えることを続けていて、そのうち、誰が最も生徒たちの学習成果を上げることに成功するか?」を予測。

<研究4>民間企業に協力を得て、「どの販売員が仕事を続け、最もお金を稼いでいるか?」を予測。

すると、これら4つの様々な状況において、ある一つの特徴が大きく成功を左右していることがわかったのです。

 

成功者がもつ共通点

 

それは高学歴やIQの高さではありませんでした。ルックスの良さでも、身体能力の差でもありません。これこそが「グリット=やり抜く力」です。

「グリット」とは、超長期的目標に向けた最後までやり抜くための「情熱」、「粘り強さ」のことです。

グリットはスタミナを必要とします。1つの夢や目標を実現するために日々、開けても暮れても自らの将来にこだわることです。それは1週間、1ヶ月といった短期間ではありません。数年間ずっと頑張って取り組み続けることです。その「やり抜く力」こそが夢や目標が現実にするのです。グリットは短距離走ではありません。長距離走なのです。

ただ、研究を通じて彼女がショックだったことは、この「やり抜く力」ついては、彼女自身も科学の分野でもまだ全容解明できていないことです。彼女は毎日のように保護者や先生に聞かれるそうです。

「やり抜く力を育てるには、どうしたらいいのか?」

「どうすれば、子供たちのモチベーションを長期間継続させることができるのか?」

正直な答えは、彼女にもわからないそうです。

わかっていることは、「才能とやり抜く力は違う」ということです。それは私たちのデータが非常に明確に示している通りです。そして、才能があっても決めたことをシンプルに最後までやり抜けない人たちが大勢いるということです。むしろ、この事実データによれば、「やり抜く力」と「才能」は関係ないどころか、むしろ反比例するほどだそうです。

これまでのところ、グリットを持つ子どもを育てるために一番よい考え方に「グロースマインド・セット」と呼ばれるものがあります。

「グロースマインド・セット」というのは、スタンフォード大学のキャロル・ドウェック博士が見出した考えで、内容としては学ぶ能力というものあらかじめ決まっているものではなく、努力によって変えることができると信じるという考え方です。

ドゥエック博士の研究では、子供たちに「知能は生まれつきのものではなく、挑戦し続けること、努力することによっていくらでも伸ばすことができる」教え込んだ後に、難しい問題を解かせると、子供たちは難しい問題に対しても失敗を恐れず、自ら進んで挑戦しようとすることが分かりました。なぜなら、子どもたちは「失敗はずっと続くものではない」と信じているからです。

(以上講演内容抜粋)

科学ではまだ全容解明されていないということは、人間はまだ計り知れない不思議な力を持っているということですね!

動画をご覧になりたい方はこちらに日本語訳があります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA